Reactハマったメモ

コンポーネント末尾に\nがつく

react-railsのprerenderを使用していると、改行コードの\nが出力されてしまう。
これは、warningやerrorをDOMに出力してくれているから。
それらを修正すればいなくなる。

続きを読む

Vagrant対処メモ

エラー対処法


参考:
http://qiita.com/kangyoosam/items/0506739733d97aa8636d

続きを読む

Android対応でハマったとこメモ

村人とヘビ」をAndroid対応しております。

つまずいたところをメモしていきます。
Android Studioを使用しての開発を行っています。

assetsフォルダ内で使えないファイル名がある

ファイル名の先頭と拡張子直前にアンダーバーが使えない。
日本語は基本やめたほうがいい。
iOSのリソースをそのままもってきたらビルドが通りませんでした。
地味に該当ファイルを探すのに手間取りました。

addJavascriptInterfaceが動かない

村人とヘビは、HTML5で開発されているので、JSとネイティブの連携が必須です。
AndroidではJavascriptInterfaceを使うのですが、
Android 4.2.×以降だと関数の上に@android.webkit.JavascriptInterfaceをかかないと動きませんでした。

ライブラリを入れまくってエラー

広告やゲームサービス、google Analyticsなどのライブラリを入れていたら
エラーでビルドできなくなりました。

関数の定義上限をオーバーしていた。

こちらに大変おせわになりました。

http://qiita.com/furu8ma/items/6cb4b08c423da6a74299

ターミナルで、プロジェクトのルートまで移動して下記コマンドを叩くとエラーが表示されてデバッグしやすい。

なんだかんだで、面倒くさくてもターミナルからやるのが一番確実で早く終わる。

ビルド時のヒープが溢れてしまっていた

appのbuild.gradleに下記設定で解決した。

リリースビルドのフィンガープリント(sha1)取得方法

1.Build -> Generate Signed APK で署名入りAPKを作成
2.Key Store Pathをコピー
3.ターミナルで下記を実行
{{Key Store Path}}にコピーしたものを貼り付ければOK

アドフリ君のバナーを画面下に配置する

アドフリ君のバナーはframelayoutなので、LinearLayoutで囲って下揃えにするのが良さそう。

UIViewはマルチスレッドからいじれない。

webviewからネイティブ連携してandroidのUIを弄ろうとしたら止まった。

UIスレッドでHandlerのインスタンスを生成

別スレッドから呼び出し

参考:
http://d.hatena.ne.jp/sankumee/20120329/1333021847

続きを読む